2010/6/5【THE LOOSE DOGS】福井響のホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2010/6/5に福井の響のホールで行われた

 

The Loose Dogs Last Live 「センキューどうもありがとう!ザ・ルーズドッグスでした!」

 

のライブレポです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行ってきました。

 

お金無いので、普通列車に揺られて。

 

セットリスト等はちゃんと後で書きます。

 

でも、まずね。

 

なんていうか、本当に悲しかった。

 

こんな気持ちになると思わなかった。

 

帰ってきてから、へぐへぐ泣きました(笑)

 

でも解散自体は、前向きなこととして捉えてる。

 

曖昧に終わらせるバンドだって沢山あるのに、

 

こうやってちゃんと地元で解散ライブしてくれたことも

 

本当に感謝しています。

 

悲しかったのは、なんか、ひとつの時代が終わったんだなって思ったから。

 

ルーズは、きっと青春とか夢とかそういうものの象徴だったの。

 

中学のとき1回ライブ見たきりで、

 

友達が焼いてくれた数曲を聴いていただけ。

 

別に、応援するでもなく過ごしてきた。

 

だけど彼らが

 

身近な地元のお兄さんたちが

 

夢をずっと追い続けてくれてることが

 

何処かで心の支えになっていたんだと思う。

 

希望だとか諦めないとか、そういう曖昧で信じがたいものを

 

体現してくれていた。

 

彼らが当たり前のようにずっとずっと夢を追って頑張っていてくれたから

 

私はずっとずっと彼らの背中に甘えて

 

自分はあっち行ったりこっち行ったり漂って、

 

子供のまま生きていられた気がする。

 

1曲目の『ステレオ』が始まったとき、

 

私が最初にその曲を知った8年前から

 

彼らが当たり前のようにそれをずっと歌い続けていてくれたことを

 

なんてすごいことなんだろうって思った。

 

そして、本当はこっちが「おかえり」って言うべきなんだけど

 

なんだか「おかえり」って言ってもらえてるように感じた。

 

そこから、『投げ捨てろ』『(魚)』と続いて、

 

皮肉にも、

 

”また来たい!”

 

って思っちゃった。

 

それ以降のセットリストは下記の通りです。

 

(間違ってたらごめんね)

 

3.ボサボサ

 

(MC)

 

4.反撃

 

5.日曜日

 

(卒業式風MC)

 

6.SchoolLife

 

7.窓(アコースティック)

 

(DVD写真撮影)

 

8.君とまた逢うために僕がすべきこと(アコースティック)

 

【FM福井DJホリケン 懐かしの名曲コーナー】

 

9.若い二人(古市君リクエスト)

 

10.プリティーガール(リーダーリクエスト)

 

11.ラジオガール(DJ本人リクエスト)

 

12.Give Me Chance(途中でメンバー紹介)

 

13.平成コンプレックス

 

14.恋に落ちて

 

15.老若男女

 

(MC)

 

16.しょぼい顔すんなよベイベー

 

(MC)

 

17.LastSong

 

—–アンコール—–

 

(MC)

 

18.奏愛

 

19.雨のち虹色

 

20.ポケット

 

(事情のためここまでで、やむなく帰宅。泣)

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

サポートメンバーとしてG:+(ジープラス)の

 

米田さん(Indie)がkey担当なさってました。

 

知らないうちにしな~っと出てきてて面白かったです(笑)

 

しめっぽいレポになってしまいましたが、

 

ライブとしてほんと最高でした!

 

アーティストとしての実力とか演奏の質とか

 

そういうこと考えなくていいくらいに

 

会場があたたかかったです。

 

もっと細かいことも書けるけど、

 

もうおしまい^^

 

 

 

きっとこれから

 

もっと大事に曲を聴けると思います。

 

ありがとう。お客さんもみんな、ありがとう。

 

LittleShellShip.

 

やがてしわくちゃになったって、I love youって言わせて。-奏愛-

 


コメントを残す