アダルト・チルドレン関連書籍

こんばんワルキューレ(-^□^-)

 

おすすめの本があります。

 

こんなひとに読んで欲しいです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

・ひとの顔色をうかがいすぎる、見捨てられるのが怖い

 

・完璧主義者だが、物事が長続きしない

 

・普段おとなしいのに、いきなり突飛な行動をおこす

 

・妄想が激しい

 

・自分が中心じゃないとイライラして不安になる

 

・平和をもとめるのに、平和だと退屈である

 

・自分はひととは違うと思い込み、他人を卑下する

 

・ノーが言えず、結果的に嘘つきで八方美人である

 

・ダメな男(女)に惹かれる、世話することで自分の存在価値をたしかめる

 

・嫉妬深く、支配的である

 

・感情がわかない、無感動である

 

・感情を表に出せない

 

・変化を嫌い頑固である

 

・世界が遠くに感じる、自分が異質に感じる

 

・拒食・過食・アルコール依存症・ドラッグ依存症・ワーカホリック・ギャンブル依存症など

 

・自分が自分でない感じ、傍観している感じ。

 

・育児ノイローゼ

 

・無気力・絶望感に苛まれる

 

など。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

誰でも1つくらいあてはまるような気がしますね。

 

私もほとんど当てはまります。

 

これらは、「アダルト・チルドレン」にみられる特徴とされるものです。

 

アダルト・チルドレンというのは、「安全な場所」として機能しない家族のなかで育った大人のことです。

 

安全機能が働かない原因はそれぞれです。

 

ドメスティック・バイオレンスやアルコール依存症といった問題はその代表です。

 

暴力を振るわれたり目撃したりした子どもは、

 

暴力夫になり、あるいは暴力夫から離れられない妻になり、再びおなじことを繰り返します。

 

つまり子どもの頃のトラウマが、大人になってもその人とその人の家族を支配してしまうのです。

 

しかし、もっと身近なところにも原因は潜んでいます。

 

たとえば母親による、子どもへの過度の期待、英才教育、道徳や常識のうえつけ、依存。

 

それらのいい子の条件を満たさなければ愛をもらえない状況。

 

愛が欲しくて必死になる子ども。

 

いい母親による、いい子の生産です。

 

そんな母子(とくに母娘)の共依存関係に焦点をあてている本がこちら。

 

アダルトチルドレン・マザー―「よい母」があぶない (学陽文庫)/橘 由子

¥693
Amazon.co.jp

 

アダルト・チルドレンとしての自覚をもつ著者が

 

実体験と様々な事例を通して、母娘関係が互いの人生に与える影響についてわかりやすく伝えています。

目からウロコ・・・

もしくは、なんとなく持っていた自分への違和感が、

具体的な形でみえてくるかもしれません。

 

私は事例をみていて、何度も祖母を思い出しました(笑)

 

というのも、著者の母親は祖母と同世代だからです。

 

ここでは母娘に特化して分析されていますが、

アダルト・チルドレンという概念の理解の導入にもいい本だと思います。

言葉がやさしく、センスやテンポも良く読みやすいです。

 

子どもを持つ前に読んで本当によかったと思います。

 

もっと家族全体の関係にまで視野をひろげるならば、

 

↓こっちがおすすめです↓

 

アダルト・チルドレンと家族―心のなかの子どもを癒す (学陽文庫)/斎藤 学
¥693
Amazon.co.jp

 

本来ならばこちらを先に読むべきなのでしょうが、

なにしろちょっと難しいです。

 

私は、『アダルトチルドレン・マザー』で頭を柔らかくしてから読みました。

といっても事例などが多いので、いきなりでも十分読みやすいですよ。

 

 

アダルト・チルドレンというのは、べつに家庭環境によってひとを区別しようとか

差別的な意味でつかわれるものではありません。

生きづらさを抱えたひとが、

アダルト・チルドレンの自覚をもち(=自分の根本的な問題に気付き)、

 

自分を取り戻していくためのものです。

家庭環境が人格のすべての要因ではないし、

同じ環境でもひとによって示す反応は違います。

ただ、うつ病や各種依存症の治療をいくらしても効果が出せなかったひとが

アダルト・チルドレンの自覚をもって精神的な自立を図ることで

安定することがあるそうです。

 

内容があまりに多岐にわたるので、うまく紹介できず残念です。

 

でもなにか生きづらさを感じるひとは、読んでみると気が楽になるかもしれないです。

 

あるいは、つらいけれども何か突破口がみえるかも。

 

私は、両方でした。

 

「そっか、これは自分のせいじゃないんだな」

 

とも思ったし、

 

「あれは踏ん張らなきゃいけないところなんだな」

 

というのもわかりました。

 

2冊ともとても興味深く、面白かったです。

 

おかげでいい休日になりました*^^*

 

PTSDやDV、児童分野に興味のある方にもおすすめです。

 

※とくに『アダルト・チルドレンと家族』の後半を読んでいると、これは宗教か!?という感覚に襲われ、怖くなるかもしれません

 

それは克服のためのステップが細かく書かれているからです。

 

それこそまさに大嫌いな決め付けとルールと支配のように思えます。

 

でも全部鵜呑みにする必要はないと思います。

 

私もひとつの学説として、さらりと読みました。


コメントを残す