気分変調症~こんな性格で悩んでいませんか~

気分変調症って、聞いたことありますか?
生きづらさ・メンタルヘルス当事者のみなさま、支援者のみなさまには、
今やおなじみの病気かもしれませんね。

気分変調症(気分変調性障害ともいう)は、
慢性的なうつ」とよく表現されます。

細く長く・・・うーん、なかなか堅実な正確だな。ちょっとうらやましいぞ気分変調症

かく言う私も、2013年に気分変調症の診断を受けました。
実際の発症は、もっともっと昔、子どもの頃だと思います。
正確には、わかりません・・・。

気分変調症は、一般的なうつ病(大うつ病性障害)と比べ、
症状が軽く長く続きます。

ですので、いわゆる「暗い性格」「卑屈な性格」「マイナス思考」などと混同しやすいですし、
本人もそう思い込んで過ごしていることが多いそうです。

私も、そう思ってましたw
↓気分変調症だとこんな毎日です↓

・理由も無く落ち込む
・夜になると不安になる
・私は欠落人間
・私は根性がないダメ人間
・毎日生きてるだけでつらい
・つらいのは自分の性格のせいだ
・私は性格を矯正しないといけない
・私は醜い etc

こんな思いでここ十数年間生きてきました。
よく淡々と生きてたなと思いますw

こういった思考は、気分変調症による影響と考えて治療することができます。

こんなこと言い出したら誰もが病気ってことになるんじゃないか!?
結局、甘えてるだけなんじゃないか!?
と感じる方がいらっしゃるかもしれません。
うーん、気持ちはわかります。
だけど「本当に病気なのか」とか「甘えているかどうか」って、そんなに重要ですか?

本人が「つらい」と感じていることに対して、
諦めずに「なんとかしよう」「なんとかできる」と思うこと。
そして行動すること。

重要なのはこれだと思います。

もちろん薬物療法に依存してしまうとか、
そういう方向に走ってしまう方もいないとは言い切れませんが・・・。

私は、AC(アダルトチルドレン)の自覚を持っていますので、
そちらの要素とも併せて考え、精神分析という治療法(自分の無意識の部分に気づいていく治療法)を選択しました。

もしかして、私も気分変調症!?

という方は、より具体的な症状の例が載っているこちらの本がオススメです。

 

自分の性格に、悩んでいる方。
なんでもかんでも自分のせいにしていれば、社会は攻撃してこないかもしれません。

でもそれじゃ、ずっとつらいままです。

幸せになりたい、とまでは、まだ思えないかもしれません。
まず、ラクになりたい、と思う気持ちを大事にしてください。

そのために、使えるものは、病気でもなんでも使いましょう。
ズルイかな、と思っても気にせずGOです。
甘えてるといわれても、「それどころじゃないんだ」と思って跳ね除けてください。
わがままな自分、という重圧に負けないで。

心から応援しています。


コメントを残す