ロールシャッハとWAIS-Ⅲ

心療内科で行う検査について、私が受けた2つ
ロールシャッハ・テストとWAIS-Ⅲについてお話しますねおんぷ

※検査の内容についてはあまり言及しないよう考慮いたします。
概要、値段、受けてみた感想など、これから心療内科への受診を考えている方のための情報提供として書きます。

林檎ロールシャッハ・テスト

まる概要
おなじみのテストですね。
インクのシミを見て、それが何に見えるかを答えるテストです。
主に性格、考え方の傾向や特徴などを検査します。

このテストは、解釈する人(担当のカウンセラーや医師)の経験、センス、熟練度を必要とします(もはやそれがすべてと言っても過言ではないらしい)ので、あまり信用できないという人も多いです。

所要時間は30分~。私は1時間でした。

まるお値段
私は医師の指示で受けましたので、保険ありで1730円でした。

まる受けてみた感想
私は、フィードバックを受けてみて、結果に違和感を感じることがなかったです。
(フィードバック:ここでは、検査結果をカウンセラーさんに教えてもらうこと)
担当カウンセラーさんがロ-ルシャッハの達人(!?)だったのか、単に私との相性が良かったのかはわかりませんが・・・。

特に印象に残っている分析は、
・普通でいようと努力するけれども、個性がにじみ出てしまう。
・恋人や親友など感情の交流が大きい人間関係を持つと、そのことに必死になってしまって、日常生活など他のことがうまくいかない。
などです(笑)
うーん、身に覚えありまくり(笑)

ほかにも検査での私の回答と絡めて、もっと色々教えてもらいました。
検査内容や分析方法のネタバレになってしまうので割愛しますが・・・
私は、なかなか楽しかったですよおはよ。

林檎WAIS-Ⅲ

まる概要
大人用(16~89歳)の知能検査です。
発達障害の検査として使われます。
いくつかの項目にわけて、知能の発達度合いやバランスを調べます。
よく聞くIQというのも、この検査でわかります。
(IQについて誤った認識の方も多いと思うので、詳しくはまた今度書きますね。)

単に知能の数値が高ければいい!というわけではなく、
高すぎたら高すぎたで困ることもあるし、項目ごとの数値の差が大きいと、生活の中でうまくいきにくいことが出てきたりします。(能力のデコボコとか、よく言いますね)
得意なこと・苦手なことを知るのに役立ちます。

所要時間は2~3時間です。途中、休憩もありました。

まるお値段
これも医師の指示で受けましたので、保険ありで1730円でした。

まる受けてみた感想
これは「安心した」という感想につきます。
何が?というと、今まで私がつらいと感じてきたことについて、それが能力の上で当然のことだったと証明されたからです。

例えばこんな部分です
・人といるとしんどい→場の空気を読む能力が極めて高かった
・うるさい場所がすごく苦手で、騒音の中で人の話を聞くことに大きなストレスを感じる、そのため騒音に恐怖を感じる→耳から聞いて頭で処理する能力が、他の能力に比べて低かった

ああ、やっぱりそうなんだ、つらいと思ってもよかったんだ避けてきて正解だったんだ、と。とにかくほっとしましたね。

概要にも書きましたが、自分の得意なこと、苦手なことについて知ることができたのもよかったです。あくまで知能面での得意・苦手ですが、指標としてはとても役に立つと思いました。

結果として私は、広汎性発達障害には属さない(見る人によってはそう捉えることも可能だけど一般的には違うっぽいくらいのデコボコらしいです)とのことでした。
心理学の大学院を出ている友達にも見てもらいましたが、「個人的には、このタイプが一番生きづらいと思う」と言ってました(笑)

私のレポートは以上ですおんぷ♪

ちなみに、ちゃんと心理検査までしてくれたのは、今通ってる病院だけでした・・・。

それ以前に受診した3つの病院は、問診だけで決め付けられました。
まず検査をしましょうと提案してもらったことも、今の病院を信頼するひとつのキッカケでした。

病名をもらうまで。>でも書きましたが、
自分のつらさを自分で伝えるというのは、すごくハードルが高いんです。

自分では問題だと思っていないことが、実は一番のポイントだったりもします。

発達障害の有無で、治療方針や適切な関わり方は全然変わってきます。

本当に私の意見ですが、心理検査したことがない方は、してみると何かクリアになることがあるかもしれません。
人間、「わからない」というのが何よりこわいと感じることですから

Σガサガサッ ((゚m゚;)ビクッ

(´-`;).。oO(おばけ

ねこニャー (・_・*)ホ

わからないと、コワイ。


コメントを残す