それは真理じゃなくて、ただの選択肢。

自己啓発や成功術の本や、メンタルケアに関するwebサイトのコラムを読んでいると、
全部言ってることが違って混乱してきませんか?

「幸運を引き寄せる法則」
「すべては○○が原因」

などと、それぞれの読み物が、これこそが究極の真理だと主張してきます。
真実はいつもひとつ!ってなわけですね。

なのに、その究極で唯一無二のはずの真理が、読み物によってバラバラなのです。
混乱して当然ですよね。

例を挙げてみますと、
「ネガティブ思考をポジティブ思考に切り替えると、すべてが上手く回りだす」
「ポジティブ思考になろうとするのをやめてネガティブ思考を受け入れると、すべてがうまく回りだす」
という2つの考え方があります。
どちらの話も、聞けば聞くほど説得力があります。

こういうとき、私は好きなほうを選びます。
どちらも真理ではなく、ただの選択肢だと思うからです。

著者の言葉面だけを捉えれば「これだけが究極の真理」なのですが、
要するにそれは、
そこまで言い切れるくらいに、私は自信をもってこの考え方をオススメします!
私はこの考え方が好き!是非あなたも好きになってね!
と言っているのです。
それだけのことです。

真理だから従おうとか、正しいから安全だとか、
好きじゃないけど自分に合っているはずだ!と思うと情報に振り回されます。
情報に振り回されるということは、自らすすんで他人に支配されに行くことだと思います。

「私は“成功しない人の特徴”に当てはまってるから、努力して変えなければいけない。ここに書いてあるとおりのことを実行しよう。」「実行しなければいけないのに、続かないから自分はダメだ。諦めよう。」
という具合に、成功したくて情報を集めたのにかえって成功から遠ざかってしまうかもしれないのです。

成功術やメンタルケアに限らずHowToを読むなら、
正しいか正しくないかはわからないが、そんなこととは関係なく、私はこの考え方が好きだ。
と思えるものを見つけるようにすると余計な混乱や焦りはなくなると思います。

嫌いなことなんて、取り入れても続かないです。
ポジティブ思考云々の話で言えば、私は「ポジティブになれ」と言われるのが大嫌いなので、その考え方には従いません(笑)
私のように解離癖のある人は、むしろポジティブに振舞うためにこそ自分を抑えつけがちだからです。
まだポジティブ思考を目指すステップではない、とも言えるかもしれません。
まずは、自分のネガティブな気持ちを認めるステップが必要だと思うし、なにより私はその方法が好きなのです。

私がいつもここに書いていることだって、私個人が好きな考え方の陳列にすぎません。
「絶対こうだよ!みんなもこうしようよ!」と私は言います、本当にそう思っているので(笑)

でも、好きじゃなかったらスルーしてくださいね。
「こういうのは好きじゃない」という発見も、私のブログを通して読んでくださる方に得ていただけるものだと思っています。
(ちなみにこれは、私の書いたものが間違っていたときの為の言い訳ではありませんw)

こんなわけで、私も自分の「好き・嫌い」をよく知るべく、最近よく読書をしています。
Amazonの電子書籍リーダーkindle paper whiteを買ったので、かなり快適。

実は読書をできるようになったこと自体、感動です。
十数年も解離症状がひどかったので、ずっと読書が苦痛だったのです。
文章を読んでも、機械的に文脈理解をするだけで、心に届きませんでした。
つまり、楽しくなかったのです。
絵画を見ることや、あらゆる娯楽も同じでした。

まだ完全ではありませんが、読書を楽しめるまでに感情が戻ってきたことが、本当に嬉しいです。
成果がでると、ますます皆さんに自分が使った方法をお伝えしたいなぁという気持ちが高まってきますね。
一緒に少しずつ楽しさが増えていく経験をできれば、幸せだなぁと思います。
これからもよろしくお願いします。


コメントを残す