アダルトチルドレンのためのダイエット★エモーショナル・レコーディングダイエット

AC(アダルトチルドレン)の自覚をもつみなさま。

突然ですが

ダイエットって、めちゃくちゃ難しくないですか?

ただでさえ、

・物事が続かない超絶三日坊主
・意思が弱い(と思っているし、よく言われる)
・完璧主義で理想が高く、ちょっとでも失敗したらやる気を無くす

のに!
ダイエットなんてハードル高いですよね。

でもそんなこと言ってられない。

なぜなら、

ダイエットしないといけない!という焦りや
太っている私は醜い、愛されない、馬鹿にされているという感覚は
誰よりも強い
から。

そして、

ダイエットに挑戦すればするほど
「できない私」「またダメだった私」「劣っている私」
を感じて落ち込み
ますよね。

まさに負のスパイラルです。

更に言うならば、私たちACって
食べ物に依存しやすい=太りやすい

ですよね(笑)

まさに八方塞がり。
どうしようもない。
中途半端に挑戦して、いつか痩せるという妄想を抱きながらこのまま老いていくんだ・・・・。
と、絶望的な気持ちに

なる

のは

まだ早い!!!!

ACにおすすめの方法があります。

なんと、
健康管理と、自分への理解と癒しができて一石二鳥のやりかた。

それは、

エモーショナル・レコーディングダイエット

です。

これは、エモーショナル・イーティングとレコーディング・ダイエットを足した私の造語(笑)
簡単に言えば、
空腹以外の理由で食べた食べ物、食べたいと感じた食べ物を記録するという方法です。

なんだそんなこと?
じゃあ意味ないわよ、
レコーディングダイエットならすでに失敗済みよ。と思うのはちょっと待って!!!それとは効果も目的も全然違うので!!!!

従来のレコーディングダイエットというのは、
食べたものを自覚し、記録することにより
自然に自らよりヘルシーな食材と量を選ぶようになっていくというものです。

実は、ここに落とし穴が。

「わぁ、こんなに食べちゃった、減らさないと。」
「記録しなきゃいけないから、やっぱやめとこ・・・。」
「最近甘いもの多いなぁ。控えないと。」

こんな風に思って、ましてや実行に移すためには、
「痩せたい、健康になりたい」と心から思ってないと無理なんです。

淡々と食べたものを記録する根気を持つのも、
「キレイになろう」という前向きな気持ちがないと無理なんです。

そこで質問なのですが、
痩せたいって、はたして自分の本心なんでしょうか。

世間の声に流されてるだけでは?
嫌われたくないから、仕方なくやってるだけでは?
自己管理できないコンプレックスに惑わされてるだけでは?
痩せなきゃと思うことで、かえってストレスになっているのでは?
痩せないと人間失格だと、自分を脅しているのでは?

そもそも、
ダイエットなんかしてる心の余裕、ありますか。

すごく毎日つらい、なにもかも上手くいかない、何一つ自信がない、
ダメダメづくしの心の中で、更に自分を追い詰めてるんじゃないですか。

そんな状態じゃ、
「痩せることを目的とした」方法をとっても、成果が得られなくて当たり前です。
ACの自覚のある方・・・きっと自分を見失っていて、心の底からの意欲なんてないですよね?
それなのに無理しなくていいんです。ダイエットできる状態ではないんです。

でも気になりますよね。
何かせずにはいられないんですよね。
そのつかみどころのない衝動や焦りは、まぎれもなく貴方のものです。
それは大事にしたいですよね。

じゃあ、ダイエットに取り組む前にできること、
心が疲れている人にでもできることって何なのか??

前置き(?)が長くなりましたが、
ここからエモーショナル・レコーディングの方法の説明に入りますね。

林檎エモーショナル・イーティングとは

先ほどすこし言及しましたが、
「空腹以外の食欲」によって食べることを、エモーショナル・イーティングといいます。

具体的には、
・お腹すいてないけど、目の前にあったから食べた
・疲れたら、甘いものが食べたくなった
・イライラしてるときにミスドが100円の日やったから、つい20個買ったったwww
・お土産でもらったから不可抗力で食べた

など・・。

とにかく、空腹(生命維持)という理由以外で食べたとき、
そこには「気持ちの上での理由」がなにかあるはずですよね。

ポイントはそこです。
食べたときの「気持ちの上での理由」を知るということが、エモーショナル・レコーディングの目的なんです。

林檎エモーショナル・レコーディングのポイント

まる空腹なときに感じた食欲や、三度のご飯は無視

まる実際に食べていなくても、「○○が食べたい」と感じたら書く

まる食べたいと思ったときの気持ちや出来事、場所など、
食欲に影響したと思うキーワードも一緒に書く

まる実際に食べたときは、その後の気持ちや状態に変化があれば書くと◎

たったこれだけです。

林檎エモーショナル・レコーディングによる効果

まる高カロリーや偏食を許せる
基本的に三度のご飯は記録しなくて大丈夫です。
何を食べたところで、空腹を満たすためならオールOK!!!!!
ということです。
これにより、通常のダイエットのように、
つい食べたものをいちいち自己採点して罪悪感を抱くことがありません。
生命維持のため!と割り切ることで、ご飯を心からおいしく、満足して食べられます。

まるストレスを自覚するだけで癒される
食べすぎる、という理由を丁寧にみつけていけば、
自分の抱えるストレスや本当の姿が見えてきます。
こんなに寂しかったんだ、こんなに怒っていたんだ、こんなにやり切れなかったんだ・・・。
自分を癒す糸口は、まずストレスを自覚することです。
食べたい!と思ったときに、理由も考えず押さえつけるのではなく、
「食べたいくらい○○な気持ちの自分」の存在を認めてあげましょう。

まる本当の問題点を知ることができる
食べる理由に気付くことで、
今まではただ単に「我慢できない自分」だったのが、
いつしか「寂しい自分」「落ち着かない自分」などに変わっていきます。
痩せられない・つい食べてしまう、という表面的な問題から
寂しい気持ちをどうするか、落ち着かない気持ちをどうするか、
というように根本的な問題へと焦点が移っていくのです。

まるおやつを許せる
記録データが増えてくると、自分がどんなときに何を食べるか、
食べることでどうなるか
が見えてきます。
併せて、前述したように「~という気持ちをどうするか」という問題について考えるようになってくると、
こんな気持ちのときは、○○を食べるのが一番有効!
というパターンが見えてきます。
つまり、おやつがなんでもかんでもダメ!という考え方から、
こういうときはOK!という線引きができるように変わります。
おやつを自己管理に利用する、みずから積極的に食べることを選択するのです。

まるここは我慢しよう!と自発的に思える
おやつを許すのとは逆の場合です。
こんな気持ちのときは、食べても満たされなくて後悔することが多いなぁ
こんな気持ちに対しては、食べるより○○した方が効果的だった

というパターンを発見したら、
こういうときはNG!という線引きができますね。
「ダイエット本にダメと書いてあったから我慢する」のではなく、
「自分が納得して我慢する」ので、とても強い意思を持つことができます。

エモーショナル・レコーディングを通して、
自分をみつめ、理解し、許し、癒すこと。

その上で、食べることをうまく利用して、
自己管理に役立てる=
楽しく満足して食べられるようになること。

これが、通常のストイックなダイエットを行う前に、
まず目標としてほしいことなのです。

林檎エモーショナル・レコーディングダイエットの方法

では、どうやってエモーショナル・イーティングを記録していくのかを説明しますね。

これは、自分がやりやすいように工夫していけばいいと思いますので、
私のやり方を参考としてお見せしますね。

スマイル書くこと

まる日付、時間
まる食べたいと思ったもの(又は実際に食べたもの)
まる食べたいと思った理由やそのときの状況で思いつくこと

スマイル

2015.5.16

8:21
コーヒー飲んだ:寒い、落ち着きたい、やる気出したい、飲んでほっとした

11:30
クッキー:むしゃくしゃして硬いもの嚙みたい、甘いものほしい、さっき上司に怒られた

15:00
ケーキ:なんとなく、ローソンの前通ったから?

スマイル例の解説

例の中で、実際に口にしたのはコーヒーだけです。
実際に食べたものは、はっきりと「食べた」「飲んだ」と書いています。

なるべく書く負担を減らすように箇条書きにしています。

食べたいと思った理由がはっきりしないときは、
「なんとなく」などでもいいので書き、
食べたいと思った前に起きた出来事などを書いておきます。

形式はあまり気にしません。
例でも、決まった形式というのは
まる「食べた」「飲んだ」の明記
まる食べ物名と理由を「:」で区切る
という二点のみです。

スマイル例を活用してみる

例の中で、一番のOKなおやつ候補は、コーヒーですね。
実際に「ほっとした」という効果が出ていますし、寒かったのなら温かい飲み物というのは有効です。
ただし、砂糖をたくさんいれる必要があったのかなぁ?とか、緑茶でもよかったのかも?など検討はしてみてもいいかもしれませんね。

NGなおやつだと思うのは、ケーキですね。
たまたま見かけたからとか、習慣でつい食べるというのは、
別に我慢してもそれほどストレスになりませんし、すぐに忘れます。

クッキーは、どうでしょう??
上司に怒られたこと、それほどショックで悔しくて悲しかったのかもしれませんね。
今後、同じような場面で同じようにクッキーが食べたくなったら、
試しに食べてみてはどうでしょう。
それで解消されて元気がでたなら、もしかしたらOKなおやつかもしれません。
こういう微妙なエモーショナル・イーティングは、確信できるまで記録データをたくさん集めてから、慎重に判断するようにしましょう。

はじめからこんな分析をしなくても大丈夫ですよ(笑)

まずは、今日はこんな気持ちの時に○○を食べたいと感じたという事実を集めていきましょう。そのうち、自然にパターンに気付くはずです。

スマイルスマホの日記アプリを利用する
私が使っているのは、iPhone用のLivreというアプリです。
すごくシンプルで、日付と時間を自動で記録してくれることがいいですね。
特に、私は一日の中でも食欲ごとに記事を分けたいので、
一日何件でも書き込めるこのアプリが気に入っています。
画像もつけられますが、私は使っていません。

林檎サボっても大丈夫!!

最後に、これだけお伝えして終わります♪

毎日やらなくても大丈夫ですよ。

サボってもいいです。

記録を集めることが目的なので、
別に毎日やることにこだわる必要はありません。

日記というより、
自分へのアンケートみたいなものです。

そう思えば、気が楽でしょ?

自分を幸せにするひとつの方法として、
やってみようかな?と思える時にやってみてくださいハート

私もサボる日ありますけど、
数日後にケロっとしてまた書きますよ(笑)

反省も根気も、いりません。
やらなきゃいけないものでは、ありません。
「どうにかしなきゃ~」って焦ってきたときに、
その焦りや衝動を大事にしてあげるためにやるんです。

つらい気持ちは、大事な気持ち。
これが、エモーショナル・レコーディングの基本です★


コメントを残す