闘病日記⑨砂漠のオアシス

こんばんは(*'∀`*)v

すいませーん、ちょっと今日はお疲れぽんぴーですーーー

(ぽんぴーってなんだろう)

カウンセリング行ったのですが、カウンセリングルームの近所のベンチ待ってる間、
完全に放心状態になってしまいました。

ふと気付いたら、開始時間を2分すぎていた><><
あわてて向かいましたダッシュ汗

こんな具合なので、あんまり頭を使わずにダラダラ日記を書きますねー花

今日は、仕事中手があいたときに、なんだか昔のことを思い出してました。

したいけどできなかったこと
できて楽しかったこと
して欲しいけどしてもらえなかったこと
してほしくないのにされたこと

そのほか、思いつくままに記憶のスライドを見ていました。

そこで思い出したんですが、

私ってすごく企画運営とか人を楽しませることが好きみたい。
小学校のときは、クラス全体を巻き込んだ肝試し大会などを企画し成功させていました。
友達は、少なかったんですよ?
いつも一緒にいるような子はいなかったし。

あるときなど、クラスの子2人と私が一緒に帰っていて、
その2人がこれから片方の子の家で遊ぶっぽい話をしていたのでついていったら、
私だけ家に入れてもらえなかったこともありましたからねぇ。
「なんで?私もいれてよ!」といえる子ではなかったので。

直接的な繋がりを作るのは苦手だけど、
全体をまとめたりするのは得意なんでしょう。

活発な子に、とにかく憧れていましたね。
明るくて目立つ、人気者の子。

実際には、普段はひとりで図書室にいたり、
教室の隅で「さららちゃんも遊ぼう!」って言われるのを待っていました。
もちろん、待ってただけでおわりました(泣)

家でも、家族を仕切ったり楽しませたりするのが好きでした。
家族から会費を徴収して、お料理をつくってお楽しみ会をしたり。
会場の飾りつけなどのセッティングも、すべて手作りで楽しんで作っていました。

元来クリエイティブなのだと思います。
お姫様のような靴がほしくて、紙を足に巻きつけてセロハンテープでとめて靴をつくっていた記憶もあります(笑)
なければ作ればいいじゃん!とか、作るのが好き!という精神は、うちの家族全員が共通して持っているものでした。ジャンルは個々に全然違っていたけれど。

いつからか、私のそうした創作意欲や企画運営の意欲は消えてしまっていたのですが、
それが何故なのかはわかりません。

ただ自分が作ることが大好きなタイプだというのは知っていたので、
きっと幸せなはず!と信じて絵を描いたり、
その他いろいろクリエイティブな活動にも挑戦してきましたが、
どうにも楽しめませんでした。

それがちょこっと、ごく最近になって意欲の芽を感じるようになりました。

だからこそ、今日あえて昔のことを思い出したのだと思います。
凝り固まった無意識が少しずつほぐれていくような感覚です。

自分の理想の生活についても考えてみました。

○パートナー(相棒)がほしい→イコール結婚なのかどうかはまだわからない
○毎日明るい日光を浴びたい→夜型は嫌!
○アイデアや発想を活かした仕事がしたい
○大ぶりの建物や道のある場所にすみたい→都会だけど密集していないところ
○家や職場の近くに川辺か緑のある散歩道がほしい
○毎日の家事を、ゆっくりきちんとこなせる時間の余裕がほしい etc…

いっぱいありました。
意外だったのは、「家事をしたくない」じゃなくて、「する時間がほしい」ってことですかね。
たしかに午前中の明るい日差しのなかでテキパキ家事をこなしていると、幸せです。

どれも、ついこの間までは言葉となって出てくることのなかったものです。
私はこれを見て、うれしくなりました。

「どこに行きたいのかわからないけど、とりあえずここは嫌だ!」
という気持ちでずっとずっと走ってきたので。

「こんなところに行きたいな」
という気持ちはまさに砂漠のオアシスです。
元気と勇気が湧いてきます。

今日のカウンセリングでは、これらの思い出したことや考えたことを少し話して、
そこから芋づる式に出てきた、私の性の問題について話していました。

性の話題になったとたん、私は記憶をたどれなくなるし、
私にも主治医にも、問題の原因はわかりませんでした。

はー、モヤモヤ~~~~

そんなこんなで、朝から出勤もしてましたし、疲れてしまったですーーーーまっくろくろすけ汗2汗2

お風呂に入って、寝ます。
夢になにかヒントが出てきますように~キラキラカピバラおやすみ


コメントを残す