闘病日記②イライラの感情

11時過ぎて、やっと家を出てこられた私です。
出勤は、GW挟んだこともあり、ほぼ3週間ぶり。
 
 
今日は
 
行くつらさ < 行かなかった日の夕方のつらさ
 
だったので出てこられました。
 
 
 
でも、家を出てから、ずっとイライラしっぱなしです。
やっぱりお外はつらいなぁ。
 
 
ここで、イライラの気持ちを受け止めるために、さっきイライラしたことをリストアップしてみます。
 
⚫︎日差しが強いので、日焼けするかも、偏頭痛になるかもイライラ(焦りに近い)
 
⚫︎マンションの自転車置き場が狭くて、自転車が出しづらいイライラ
 
⚫︎他の自転車を動かして、頑張って自転車出してたら、通りすがりのお爺さんがジロジロ眺めてきたイライラ
 
⚫︎信号待ちイライラ
 
⚫︎自転車のお婆さんが行く手を阻んできたイライラ
 
⚫︎自分が太ってる醜いイライラ(数値的には別に太っていない)
自分の容姿には常にイライラや焦りがあります。
 
 
 
 
いちいち、小さなことでイライラする自分を責めてしまうので、余計につらくなります。
 
 
きっと、余裕がないのでしょう。
 
 
余裕がないくらい、一生懸命がんばっているのね、なんとかしようと外に出てきたのね、偉いね、と心の中で唱えてみます。
 
 
 
うーん、ちっとも救われません(笑)
 
誰かに抱きしめられたいな、と思います。
 
もしかしたら、イライラの正体は、
 
ひとりきりで敵(自分自身も含めた世界の全て)と戦っているような心細さかもしれません。

コメントを残す