コメント

お久しぶりです!^^

もう2011も終わっちゃいますよ!

私はもう完全に躁鬱状態です!笑

悲しみと絶望であふれているかとおもいきや、

いきなり興奮して制御きかないという^^;

まぁいつものことです。

ほんで12月の記事、今読み返したら最悪やなっ!笑

めっちゃおもんないo(^▽^;)o

今日は、まともに日記書きます。

今年中に記したい思い出♪

それは12/10☆

京都に、映画を見にいきました(*^o^*)

これだぁっ・・・指を指す

ワン

ツー

スリー

映画『グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独』

↑ちゃんと公式サイトのブログ用素材から拝借しておりますよ☆w

グレン・グールドは実在のピアニストです^^

地元の大事な友達Cちゃんが好きなピアニストということで、

気になって検索していたら偶然にもこんな映画がこの秋公開!!!

ということで、運命感じてCちゃんと2人で観に行ってみました!!!

そして、とても良かった。

いい映画だった。

グレン・グールドの魅力が凄まじかったです・・・。

彼を取り巻く人々も魅力的。

映画もさることながら、

他のお客さんのハイソなオーラにも圧倒されました(本当にすごいんだってば。笑)

が、無知な私でも楽しんで観ることができました(≡^∇^≡)

映画の前の予告編の作品も、どれも気になったーー!

こういうマイナーな映画ハマってしまいそうです。

昔は、”強烈な”映画が好きだったんですが、

最近は、”素敵な”映画も好きになりました♪

大人になったのかな?( *´艸`)

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

映画のあとはカフェでお洒落なランチをいただき、八坂を散策^^

近くに住んでたのに、その辺意外と知らなかった。笑

LittleShellShip.

LittleShellShip.

LittleShellShip.

↑家族で行ったことあるけど、あまり中は覚えていなかった高台寺(笑

まだちょっと紅葉残ってましたよーやったね^^

心の潤う休日でした~。

つい、日常の勉強や雑務に追われると、

文化的な悦びなんて求めちゃ贅沢だと思ってしまうんですよね。

だけど、やっぱり私には必要なんだって、よくわかりました。

日常を生きることに必死だと何も楽しくなくて、

美味しいものもおいしくなくて、

欲を悪いものだと決め付けてどんどん心がしぼんでいきます。

もっと、楽しんでいいんだよね。

美しいものを求めていいし、実用的でないものを好んでもいいよね。

それが私の本質だって気がします。

その分、日常はしんどい、世俗は合わない。

それでも生きるのは、文化的悦びや、現実とは違う場所で表現することのもたらす快感が尋常じゃないから。

LittleShellShip.

こういう高いお菓子も食べていいよね。(Cちゃんに貰った☆)

LittleShellShip.

もちろん300円のツリーの置物だって美しいと感じるよ。

ものや人を見てどう感じるかって、自分の魂の鏡のようなものですよね。

そう考えると人間は、一生鏡の部屋でひとりで生きてるみたいですね。

鏡の部屋というのは、こわいですね。落ち着かない。

だったら、生きるのがこわくて不安が耐えないのは当たり前ですね。

だけど、たまーに、優しい鏡があります。

それでいいよって言ってくれる鏡があります。

そういう鏡たちをつい愛しちゃうことがあります。

ひとりじゃないと感じます。

幻想でも現実でもない、自分だけの真実です。

自分の感じたものを信じないことには、パワーは出ません。

これが幻想か現実か、考えても答えは出ません。

300円のツリーが好きな自分を優しく映す鏡を、今は信じて生きます。

強烈じゃなくていい、素敵な年末年始を☆

(‘-‘*)(,_,*)(‘-‘*)(,_,*)

AD

同じテーマ 「日記」 の記事

最近の画像つき記事

 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿





AD


Amebaおすすめキーワード