コメント

奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~という映画をみました音譜

Wikiによると、2007年制作のイギリス/オーストラリア映画で日本劇場未公開だそうです。

実在の奇術師、ハリー・フーディーニ(1874-1926)を描いた作品です。

フーディーニはアメリカでは今でも最も有名な奇術師と呼ばれているんだって~。

知らなかった!叫び

で、映画なんですが

思ったよりよかった!!!!笑ラブラブ

というのもパッケージとかが、なんかティムバートン的胡散臭さがただよってまして

こいつぁきっと、エンタ要素強くて楽しめるけど内容くだらない類の映画だろうと思ってました・・・。

だけど

すいません、どっちかっていうと、

静かで美しい類の映画でした。

ほんとにすいませんでしたm(..)mあせる

なかなか、重たかったです。

色々考えさせられるというか。

伝記だけどファンタジックで、”新しい色”みたいなものを感じる作品でした。

そしてそして、

当たり前なんですけど、

キャサリン・ゼタ=ジョーンズが超綺麗ですラブラブ!

秋の夜長に、ワインでも飲みながら観たい映画です。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ ガイ・ピアース 奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~ [DVD]/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ,ガイ・ピアース,ティモシー・スポール
¥3,990
Amazon.co.jp

AD

同じテーマ 「日記」 の記事

最近の画像つき記事

 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿





AD


Amebaおすすめキーワード