コメント

おとといだったかな。

本屋さんで

阿久悠さんの『凛とした女の子におなりなさい』

を読んで

すごく

感動したというか、いろんなことが腑に落ちた。

なんかおかしい、なんかかなしい

って気になったりイライラしたり見ぬふりしてた事を

全部、とても柔らかい言葉で

人間らしい情景で

ぴたっと言い当ててくれてる。

ああ、こういう大人になりたいなぁって

本当に思った。

素敵。

凛とした女の子におなりなさい―日本人らしいひと/阿久 悠
¥1,680
Amazon.co.jp

↑字が大きくて、文字数はすごく少ない詩集なんだけど

内容が大きい。

最初から最後まで立ち読みしたのに、どうしても欲しくて結局買っちゃったかお

あと、ダン・ブラウンの新作。

ロスト・シンボル 上/ダン・ブラウン

¥1,890
Amazon.co.jp

ロスト・シンボル 下/ダン・ブラウン
¥1,890
Amazon.co.jp

↑これこれ。

読みたいんだけど、高い!笑

だいぶ悩んだけど、

結局デビュー作の文庫本を買いました。

パズル・パレス 上 (角川文庫)/ダン・ブラウン
¥660
Amazon.co.jp

パズル・パレス 下 (角川文庫)/ダン・ブラウン
¥660
Amazon.co.jp

↑だって、ロスト・シンボルよりもこっちのほうが書き出しがシャープで面白そうだったんだもの。笑

ロスト・シンボルは、また文庫出てから読みます。。。。

ちなみにダヴィンチ・コード、天使と悪魔、デセプション・ポイントはどれも好き。

宗教・科学・俗物、いろんな知識が絡み合ってるのが楽しいし

やっぱりサスペンスは続きが気になるからハマってしまう。

なによりツボなのは、過去と未来が共存してること。

史実と最新科学とかね。

歴史とSFまぜたら、生々しい人間の真実が見えてくる気がする。

おまけに、大好きな『レ・ミゼラブル』とH.Gウエルズが一緒にきたみたいで楽しいのです。

逆にあんまり、現代の日常そのものを題材にした小説は興味がないの。。

もちろん、エッセイやドキュメンタリーは別なのよんはーと

もっと本読まないとなぁ・・・

英語の本も読みたいな。

じゃないと頭が腐ってきそう。笑

数学もちょっとやりたい。

他言語の映画も見たり話したりもしたい。

なんのため?っていうより、とにかくそういう学習自体をやりたいなって気持ちが自然に大きくなってきた。

AD

同じテーマ 「日記」 の記事

コメント

[コメントをする]

コメント投稿





AD


Amebaおすすめキーワード