ブログは大切な思い出

私のこのサイトは、WordPressという

データベースを用いたブログ形式のシステムで作っているのですが

以前は、Amebaブログを利用していまして

古い記事はそちらから持ってきたものです。

 

昔からホームページ作りやブログを書く事などが好きで

ジャンルによっていくつも作っていたため

まとめるのはなかなか大変で、これでも一部のみなんですよ^^;

 

でもねー、そのAmebaブログさんというのが

なかなか厄介なサービスで。

ほかのブログにお引越しするということが、

簡単にはできないんですよ。

公式のインポート機能がないんです。

だから、外部ツールを使って記事をインポートして

WordPressに持ってきたのですが

それがね、まぁ、一応できたんですが、ひどい有様で(笑)

 

タイトルがぜんぶ「コメント」という名前になってしまってるし、

記事内の画像は正常にインポートされているものもあれば

そうでないもの(Amebaのサーバー上から画像を呼び出してる状態になってしまうもの)もあり、

さらに、Amebaの広告やサイドバーのタグ(カレンダーやアーカイブ、おすすめ記事など)まで

記事本文に埋め込まれてしまっていたり・・・。

 

もうほんと、最悪と言っていいくらい、めちゃくちゃなんですよ^^;

 

なんとかラクに、一括で直せないものかといろいろ調べたり

やり直したりしてみたんですが

解決しなくて

現在、何百もの記事をひとつずつ手作業で直しています。

 

ですので修正作業が終わるまで見づらくて申し訳ないのですが、

実はこの修正作業というのも、

1年以上サボって放置していたんです。

 

ブログの引越し当時は

過去のことより、今のことをやらなきゃ!という焦りがあって

でも、結局「今のこと」もいまひとつやる気が出なくて

派手な挑戦にばかり手を出して

すべてを保留にしてしまっていました。

 

ですが、紆余曲折を経てようやく先日

このブログを再開しようと思えたときに、

同時に「ああ、もっと過去の自分を大切にしよう」と思ったのです。

 

ブログは、大切な思い出。

今はもう見ることのできない、過去の自分の等身大の姿を

タイムカプセルのように手に取って見ることができる

貴重なツールなのです。

 

書籍というのは、

過去の偉人たちの人生に触れることのできる

人類にとって特別なツールだと常々思っているのですが

 

ブログもまた、過去の自分に

過去の愛しい人に

直接触れることのできる大切な大切な場所なのです。

 

恥ずかしい文面もたくさんあるし、

今では誰かを傷つけてしまうのではないかと思って

書けないような表現もあります。

 

でも、出てしまった言葉は、撤回できない。

形の上で消しても、その言葉を発したという事実は消えない。

だから、あえて記事の修正はしていません。

修正できないからこそ、生々しい当時の息遣いを

感じることができる。

それが私にとって、重要なことだからです。

幸いにもここは、私のプライベートなブログですからね^^*

 

そしてわざわざ

全世界に向けてそのプライベートな空間を開放しているのは

もしかしてもしかしたら

数年前の私の投げやりな一言が

誰かの心に響くかも知れない、

なにかの役にたつかも知れない、と思うからです。

 

役に立ちたいというスケベ心を

自慢するつもりはないのですが(笑)

それでもなにかの役に立てば嬉しいですし

私も、いつでもどこにいても

ネットさえあれば過去の自分に会えるこの空間があることを

本当に心強く思います。

 

過去記事の修正、かなり時間かかると思いますが

気長に見守ってくださいね^^*

 

さらら


コメントを残す